水耕栽培

再生への道筋

現在、日本の農業は厳しい状況におかれています。
総農家数は252万戸。50年前の20%強に減少し、65歳以上の方が61%にのぼります。
そのうち農業だけで生活の成り立つ主業農家は37万戸しかありません。
主業農家の農業所得は年間420万円。利益率の低さから、農家は疲弊しています。
若い後継者の不足、耕作地の減少、それに伴う自給率の低下。
平成19年度の食料自給率は約40%と、主要先進国中最低です。
脅かされる食の安定。これは、日本の全国民に関係する問題なのです。
(農林水産業基本データ集 平成22年度版)


その危機的状況を打破してくれる農法・・・

それが、水耕栽培である。

と、私たちは考えています。


       □ 出資者募集 □