水耕栽培

新しい農法・水耕栽培

水耕栽培は、養分液を溶かした水を使って作物を育てる方式。
露地栽培に比べて寄生菌や虫が入りにくく、農薬を使わずに済み、連作障害もありません。
成長に合わせて温度や養分液濃度の管理が調整できるので、安全かつ効率的に高品質の野菜を生産できるのです。
野外で栽培する太陽光利用型、人工光を利用して屋内で栽培する閉鎖型があります。
初期運営コストともに低く、流通価格が抑えられるのは前者です。


水耕栽培のメリット

食の安全を守る、完全無農薬栽培です。 天候に左右されないため、安定供給が望める農法です。 多毛作が可能なことから、コストダウンでき、輸入品にも対抗可能なことから日本の農業における 競争力の向上が期待できます。

高収益と安定収入、軽作業化による雇用の拡大。

日本の強い農業の未来が見えてきました。